カスタムライトセーバーをお探しですか?

ローグワンのレイア姫CG女優修正前と修正後。ボーナスコンテンツが楽しみすぎる件。

ついに発売開始となったローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー。このローグワンのDVD/Blu-rayで楽しみにしていることの一つは『ボーナスコンテンツ』




今回のローグワンのボーナスコンテンツの内容はこんな感じ↓

<ボーナス・コンテンツ>
・プロローグ
・ジン・アーソ
・キャシアン・アンドー
・K-2SO
・ベイズとチアルート
・ボーディーとソウ・ゲレラ
・帝国軍
・世界を造り出す
・CGの技術
・エピローグ

特に『CGの技術』の部分。ここが楽しみ。

ローグワンで最も衝撃的だったのってラストの「レイア」だと思うんですけど、レイア姫の元の女優さんもともとはこんな感じで↓

それがCGでこうなる↓

https://www.reddit.com/user/Dark-side_1

えらいこっちゃ。

CGを通してレイア姫になった元の女優さんは『イングヴィルド・デイラ』というノルウェー出身の女優さんです。

実はアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (字幕版)にも登場していたんですね。

これまでの作品もほとんどが役名もないようなちょい役。それがローグワンでレイア姫に大抜擢。

やっぱ出来るだけ似てる人を探したんですかね。身長とか体型とか。

キャリー・フィッシャー自身もCGと気づかなかった

ギャレス・エドワーズ監督のインタビューでは、ローグワンのレイア姫の映像をキャリーフィッシャー自身が確認した時、本人もCGだとは気づかなかったそうです。あれ?自分こんなショット昔撮ってたっけな?って。本人も分からないなんてスゴイ。。。
そしてギャレス監督はこの「ローグワン」という作品自体がキャリー・フィッシャーへ宛てた”長いラブレター”だと。



https://www.imdb.com/name/nm2284484/mediaviewer/rm3027178752

ギャレス監督の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」内にあるボーナスコンテンツにてレイア姫の”修正前”確認できます↓

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (字幕版)

▼映画ローグワン前のアーソ家、クレニックを描いた小説『カタリスト』もお勧めです。スター・ウォーズ カタリスト 上 スター・ウォーズ カタリスト 下

こちらのブログではスターウォーズについての最新情報、リーク、噂、考察について書いています。

更新通知はこちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です