ローグワンのレイア姫CG女優修正前と修正後。ボーナスコンテンツが楽しみすぎる件。

ついに海外ではローグワンのDVD/Blu-rayが発売開始となりました。(日本では4/19デジタル配信4/28DVD/Blu-ray発売)ローグワンのDVD/Blu-rayで楽しみにしていることの一つは『ボーナスコンテンツ』。




今回のローグワンのボーナスコンテンツの内容はこんな感じ↓

<ボーナス・コンテンツ>
・プロローグ
・ジン・アーソ
・キャシアン・アンドー
・K-2SO
・ベイズとチアルート
・ボーディーとソウ・ゲレラ
・帝国軍
・世界を造り出す
・CGの技術
・エピローグ

特に『CGの技術』の部分。ここが楽しみ。

先日海外の掲示板にレイア姫の元の女優さんの画像が貼り付けられていましたが、もともとはこんな感じで↓

それがこうなる。

https://www.reddit.com/user/Dark-side_1

えらいこっちゃ。

CGを通してレイア姫になった元の女優さんは『イングヴィルド・デイラ』というノルウェー出身の女優さんです。

実はアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (字幕版)にも登場していたんですね。これまでの作品もほとんどが役名もないようなちょい役。それがローグワンでレイア姫に大抜擢。やっぱ出来るだけ似てる人を探したんですかね。身長とか体型とか。

キャリー・フィッシャー自身もCGと気づかなかった

ギャレス・エドワーズ監督のインタビューでは、ローグワンのレイア姫の映像をキャリーフィッシャー自身が確認した時、本人もCGだとは気づかなかったそうです。あれ?自分こんなショット昔撮ってたっけな?って。本人も分からないなんてスゴイ。。。
そしてギャレス監督はこの「ローグワン」という作品自体がキャリー・フィッシャーへ宛てた”長いラブレター”だと。



https://www.imdb.com/name/nm2284484/mediaviewer/rm3027178752

▼ギャレス監督の情熱を込めたラブレター、日本でもいよいよです。

▼映画ローグワン前のアーソ家、クレニックを描いた小説『カタリスト』の予約も始まりました。スター・ウォーズ カタリスト 上 スター・ウォーズ カタリスト 下

こちらのブログ(とジョニーリンゴのブログ)ではスターウォーズについての最新情報、リーク、噂、考察について書いています。更新通知はこちら↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ジョニーです。デップではなくリンゴの方です。妻(ジョニ子)の顔色を伺いながらスターウォーズについての記事をせっせと書いています。
専門は『スターウォーズの最新情報やリーク情報からの妄想』です。スターウォーズ部についてはこちら