スターウォーズ展へGO

【スカイウォーカーの夜明け最終予告考察】レイが持ってた剣に隠された秘密

どもども。

スカイウォーカーの夜明け最終予告、初見はモールの駐車場内で音声ミュート状態だったからイマイチ盛り上がりにかけていたジョニーです。

今回は予告公開から一晩たってフツフツと沸いてきた妄想を一つご紹介させてください。

スカイウォーカーの夜明け最終予告考察

今回の予告でこのシーン、気になっている方も多いのではないでしょうか。

このシーン、「ケーキ入刀」と言ってしまえばもうそれでおしまいなわけですが、

妄想族らしく、もうちょっと膨らませてみましょうよと。

レイが持っていた謎の剣

これこれ。

これこれこれ。

超重要そうなアイテムな。

クローンウォーザーはこの剣を見てザワついた人もいる・・・かもしれないんだけど、

この剣、

モーティスの剣じゃねって?

モーティスの剣って何それ美味しいの?

で、じゃあそのモーティスの剣ってなんなのさって話なんだけど、

この剣はクローンウォーズの「ザ・ワンズ」の回に登場します。

クローンウォーズ・シーズン3の第16-17話あたりです。

で、この「ザ・ワンズ」っていうのが中央からファーザー(父)、サン(息子)、ドーター(娘)によって構成されていて、惑星モーティスに住んでるんです。

ザ・ワンズ(The Ones)はモーティスに住んでいた強力なフォース使いの一家である。彼らはジェダイでもシスでもなく、それ以上の存在として言い伝えられており、自らを「力の守り手」と称していた。フォースのダークサイドの化身サン、ライトサイドの化身ドーター、ふたりの父ファーザーから成った。子どもたちの強大な力が銀河系に破滅を及ぼすことを危惧したファーザーは、ふたりを聖域モーティスに閉じ込めていた。
ザ・ワンズ

で、このジェダイでもシスでもないそれ以上の存在である超やばいファミリー「ザ・ワンズ」なわけですが、

彼らを唯一倒すことができる武器ってのがモーティスの剣なんすよ。

彼らは相手のライトセーバーの起動と収納を自在に操作する事ができ、意識の外でなければ、その刀身に触れても無傷でいる事さえ可能だった。彼らを滅ぼす方法はモーティスの祭壇に納められた剣だけである。

反乱者たちにも登場していたザ・ワンズ

ちなみにこの「ザ・ワンズ」に関してはクローンウォーズにチラっとだけ登場したモブなキャラというわけではなくて、その後「反乱者たち」にも謎の存在感を出して登場しています。

神々しい感じになっちゃって。

そうです。あの話題となったタイムトラベルのシーンで登場してるんです。

時間を操ることのできるザ・ワンズ

で、この人たちホントにやばくて、時間っていう概念を軽く操れるんですよね。

アナキンとオビワンがこの惑星モーティスで壮絶な経験をしていたわけですが

目を冷ますと実際は「数分」に過ぎなかったりだとか、

サンはアナキンに「未来」を見せたりとか。

反乱者たちではもろにタイムトラベルのシーンでザ・ワンズが表現されていますしね。

レイが握っている剣がモーティスの剣だとしたら

で、このレイが手に握っている剣がホントにモーティスの剣だとしたら・・・

だとしたら、一体どういう意味があるのでしょうか。

・ザ・ワンズに登場していたサンが実はまだ生きていた?

・パルの霊を成仏するためにはモーティスの剣が必要だった?

・「時間」っていう概念が今回のキーとなる?

ん〜まだまだ妄想が膨らみますね。

チラリと妄想が膨らむ情報入れてきたJ.J.監督。

でもこういったのって偶然じゃなくて、

こうやって騒ぐ輩がいることを知っていて

あえて入れてきてるわけでしょ?

わざとなんでしょ?

レイアキラさんのラインスタンプ絶賛発売中。

1 COMMENT

スラス

パルさんはワンズってことはないですかね?

あの「ケーキ」はスタデのカギが入ってると思うのですが。。もしくは、BB-8がもってたみたいな星図(パルさんの)が入った像とか。
妄想は膨らみますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です