スターウォーズ展へGO

最後のジェダイは複数で決定!!スペイン、フランス、ドイツ、ポルトガル語で検証。

2017年12月15日公開のスターウォーズ/エピソード8、日本語タイトルが先日「最後のジェダイ」ということで発表されていましたが続々と各国のタイトルも発表されています。で、どうやら最後のジェダイは”複数”であることが確定してきています。




世界各地の「最後のジェダイ」をどうぞ↓

それぞれ「最後の」の形が複数形にくっつく形の形容詞が使われているみたいです。詳しいことは分かりませんが分かる人が見れば分かるらしい。

そして面白いのがブラジルのスターウォーズ公式ツイッターで当初は男性、単数系の「最後の」を使ったタイトルを発表していたらしいんだけど直ぐにそのツイートを削除していたっていう。ここで話題になっていました。

さぁ複数形のジェダイということで、エピソード8の最後のジェダイは・・・・誰だ誰だ誰だぁああああ????

ルークとレイ

ルークはジェダイですしこれまでも「最後のジェダイ」という表現で語られてきました。又今回の解禁されたビジュアルではレイもしっかりとライトセーバーを握っていましたのでジェダイになる可能性はかなり高いです。

(Photo: Hasbro / Lucasfilm)

カイロ・レン

けど最後のジェダイはルーク、レイだけではありません。カイロレンがライトサイドに帰ってくる可能性だって。前にここでも書きましたが、レイアが息子であるカイロレン(ベン)について語ったこの言葉↓

「There is still light in him, I know.」

「彼の中にはまだ光があるわ。分かるの。」

このフレーズはかつてパドメ、そしてルークが”ダースベイダー”について語った同じ言葉の引用です。

「There is good in him, I know.」

「彼の中にはまだ善の心があるわ。分かるの。」ーパドメ・アミダラー

「There is still good in him.」

「彼の中にはまだ善の心がある。」ールーク・スカイウォーカーー

善の心がある。そう語られていたダースベイダーはやはり・・・ライトサイドに帰ってきました。あえてかつてのこのフレーズをオマージュとして語られたカイロ・レン。。。。これやっぱり帰ってくるでしょ!!!

ポー・ダメロンも?

でもって密かに期待してるのは・・・・ポーダメロンのジェダイ!!

これも前にここで書いたんだけど、スター・ウォーズ:砕かれた帝国 (MARVEL)にポーダメロンの両親が登場して、特にお母さんに焦点があてられているんだけど・・・(ストーリーのネタバレ含みます)

舞台はエピソード6の直後らへんでルークとポーのお母さんが一緒にある任務を果たすっていうストーリー。で、その任務っていうのが帝国軍の基地からかつてジェダイ聖堂にあった”フォースの木”を取り返すっていうものなんだけど、いざフタを開けてみるとその木が二本あって、結局取り返すんだけど一つをルーク、もう一つはダメロン家に植えるんですよ。


https://starwars.wikia.com/wiki/Shara_Bey

何かそのフォースの木を分けるっていうこと自体が何かを象徴しているようで・・・気になるんです。フォースの木の下で育ったポーダメロン。

いやいや、”複数形”と聞いただけで妄想が膨らみます。

フィンだってフォースの覚醒だけではまだまだ情報少ないので妄想の余地ありますし。今後の発表が楽しみです。

スターウォーズ・エピソード8/最後のジェダイは12月15日公開。

ジョニーリンゴもスターウォーズ部も、書いた時はこちらで更新通知をしています↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です