ハンソロのレッドカーペットにCRAYGEEさんが”行ってきた”

CRAYGEE
どうも、 CRAYGEEです!

この度、縁あって『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ジャパンプレミアに行って参りました。

前回、香港ディズニーランドに行ってきたレポートを書かせて頂き、「今回も是非!」とジョニーさんより大役を仰せつかりました。

前置きは程々に…

それは突然やってきました。

就職して2ヶ月が経ち仕事量も増え「今日は(今日も)最悪な日なんだよ…」と眠い目を擦りながら昼食をとっている最中、ふと昼休憩の日課twitterチェックをしていると、滅多に来ないDMが、

!?!?!?

眠気が一瞬で吹き飛びました。

「まだまだ運は使い果たしてなかった!」

本当に、自分はハンソロなんじゃないかと思いましたね。何たる強運。。。

しかし、当日は17時まで通常勤務…

熟考の結果、その日の内に午後休を申請致しました。マスター(主任)、本当にありがとうございます。今後も、一層フォースの鍛錬に励んで参ります。

ここから興奮と疲労が相見える、怒涛の10日間のスタートです。

まず、誰を誘うか。

職場にはスターウォーズオタクはいません。

じゃあ、twitterで出会ったスターウォーズ部の方々???多すぎて誰を誘えばいいのかわからない…

待てよと。アイツがいるじゃないか。

そう、仲の良い友人の中にはオタクが何人かいるのです。

それが彼、

@syooora62

なんと彼、DMが届いた次の日が誕生日だったんですよ。(改めておめでとう。)彼が適役でした。

LINEすると、既に私の当選喜びツイートを見ていたようで、

こんなやりとりをしつつ、本番を待つばかりでした。

1日が過ぎ興奮冷めやらない中、彼からこんなLINEが。

マジかと、あと10日切ってますよと、

いや、コスプレ?

まじめに考えた結果、作成を決意。困った時の味方はすぐ近くにいました。

過去の記事を読み漁り、遂にたどり着きました。

ストームトルーパーヘルメットを自作(DIY)はるさんへインタビュー!!

これしかねえええ!!!

すぐに会議スタート

なんと次の日(6月5日)が偶然にも2人とも休みだったため、twitterでご存知の方々が多いと思いますが、「“DIY”作戦」開始となりました。

詳しい作成過程は、彼の動画をご覧ください。

彼はミュージシャンという仕事柄、映像・音楽の編集に長けており、素晴らしい動画が完成しました。(頼もしい)

私は、エピソード1のみの参加です。

JOHNIE
開始30秒あたりCRAYGEEさんおったおった!!!

過程はこんな感じ。

切ったものを組み立て、新聞紙を貼り、粘土を塗り、スプレーをかけて…

だいたい19時〜20時頃仕事から帰宅して、休みの日曜日を除いて毎日1時まで血眼で作業しました。

そして、当日

午前勤務が終わり帰宅後に、最終作業。

見事、このまま3D映画が観れる仕様となりました。ゆっくりしている時間もなく急いでスーツに着替えて

いざ、ハイパースペース越えて六本木へ!

現地で彼と合流し、まんだらけで調達してもらったブラスター片手に会場へ。

集合場所に到着すると、そこには順番待ちの列が、中にはコスプレ勢も。

集合ギリギリで到着のため参加は叶わず…

てか、チューバッカでけえ。

時間になると、整理番号が点呼され1組ずつ案内されました。
(なんと我々は61番でした。)

並びつつ画像を見ながら場所取りの最終会議。

よっちゃんさんありがとう。

ワクワクが止まりません。

会場が見えてくるとメディアがちらほら、

カメラを向けられてドキドキ。(被って歩いていた為、スマホいじる余裕なく入り口を撮れず。)

順番に入って行きます。気がつくと、我々の入ったステージ向かって右側ブロックの最前列は隙間なく人が…とりあえずメインステージが見やすい場所へ!カメラマンに尋ねると、

「ここはメインストリートだから絶対通るよ。」と、

ここしかない。

その後はどんどん人で溢れて、背後にはいつの間にか人が沢山。

また、我々よりも後ろの番号の方々が向かいのブロックに。(あれ、我々よりもいい感じの場所にいる人たちが…)

まあ、細かいことはさておき、あとは開始を待つばかり。

ふと辺りを見渡すと、ステージ向かって右側に何やらドラムセットがあるではありませんか。

これはまさか!

彼らが来るのか?期待に胸を躍らせていると、

来ました。テンションが上がる上がる。私は変な声で叫んでしまいましたが、周囲に騒ぐ人は多くありませんでした。拍手もまばら。(盛り上がらず結構ショック)

我々はブラスターを鳴らしまくり。

そんなこんなで、司会のお2人が登場しスタートとなりました。

「今夜は、一夜限りミレニアム・ファルコン号の乗組員となって、そんなお気持ちで、スターウォーズのヒーロー伝説の始まりを目撃して頂きたいと思います。」など色々と前置きがありまして、見知らぬ地方局の方々の紹介あり(みんな「だれ?だれ?」状態)

17時を過ぎた頃、司会者が「バンドの皆さんにそっくりな皆さんが!」とか言って、演奏スタート。(そこは「酒場でお馴染みの彼らが来てくれましたあああ!」とかでいいんじゃないの?)と思いつつ、演奏に酔いしれました。

続いてお待ちかねの出演陣、まず登場したのは彼。

チューイ!!!

デカい!抱きつきたい!香港では会えなかったので嬉しかったです。

その後は、日本語吹き替え版でカメオ出演した、及川光博さん、お笑い芸人ミキの2人(兄は付き添い)、宇宙飛行士野口聡一さんが壇上に、チューバッカと写真会。何を見せられているのか。各人、挨拶の後は壇上を降り、我々のいるメインストリートを通り入り口方向へメディアのインタビューやファンのサイン・写真に応えていました。(頑固なので、監督と演者以外は意地でも貰わないと決めていました。

ミッチーのスターウォーズ愛は皆さんご存知の通りですかね。スマートでカッコ良かったです。

これは知りませんでしたが、ミキはネタにスターウォーズを盛り込む程お好きなんですね。しかしながら、弟さんが持ちネタ?を披露してダダ滑りしたことと、お兄さんの結婚を祝福する拍手が起こったのには興醒めしました。(誰かが「結婚おめでとう!」と言った。蛍光の彼だろうなあ。)

これも知りませんでしたが、野口さんが宇宙飛行士になるきっかけはスターウォーズだったんですね。

彼の「『ファン歴40年以上、実はまた宇宙に行くのですが、宇宙でも信頼できるバディをつくることは大切なんです。本作でチューバッカとハン・ソロがどうやって信頼できるバディになったのかを映画で観て次のフライトに活かしたいです。」という言葉、この日一番心に響きました。

凄い、宇宙行ってみたい。。。

司会者の方々の進行、吹き替えの日本人のメディアインタビュー・サイン待ちでの音楽も進行もない静寂の時間(本当長かった)、スタッフの厳しい持ち込み物サインNGやらムービーNGやらetc…色々気になる点はありましたが、1時間ほど経過した頃でしょうか、ステージモニターに1台の黒い車が、会場入り口で待つチューバッカのところへ向かって行きます。

興奮の最中いつの間にか、ストームトルーパーたちも警備にあたります。

そしてついに、

待ってました、順番に彼らの登場です。今日1番の盛り上がり。各々、会場をぐるりと一周しメインストリートへ。この、“ぐるり”が長かった。

かろうじて、

ゲットしました。

友人はなんと頭に。

実は私も頭に書いて欲しくてこんなのを準備していましたら、

そこじゃないよオールデン。。。(よくよく考えたらサインを2つゲットしていました。)

悲しむ間も無く、私も監督に頭に書いてもらおうと意気込んでいたところ、我々まであと10m程のところで、司会者「壇上へ上がってください(英語)」それでも、サイン・写真に応じ続ける監督。

再度、司会者の促しが入り、SPやスタッフに誘導され、監督は笑顔で我々の前を通り過ぎて行きました。だから“ぐるり”が長いよ!

何度か入り口を往来していたため、実は入り口付近が1番お得だったのではないかと思います。

そして、締めの壇上インタビュー。

ミッチーからの初めてミレニアム・ファルコン号に乗った時の感想は?という質問に対し、オールデン「最高の気分だった。」や、ロスでのインタビュー中に、後ろからハリソン・フォードが現れた話、ハン・ソロ  のキャラクター性について質問された監督の「逆説的なところが好き。だからこそ、ユーモアにあふれてる。」などなど、熱い話が沢山聞かれました。

インタビュー中、お2人の好きなキャラクターについても触れ、オールデン「ヨーダ!」(即答でした。)ロン監督「チューバッカ」(チューバッカ喜ぶ)そのあと、監督「ヨーダヨーダ」
お二方ともヨーダがお好きなんですね。私も好きです。

最後は、オールデンの「ニッポン、ダイスキ!」に対し、実は序盤に練習していた、参加者の「I know!」の声に伴い、銀テープが放たれ、イベント閉幕となりました。

終わりもカンティーナの演奏の中、何はともあれ興奮と熱気に包まれる中、帰りも「カメラいいですか?」とメディアに声かけて頂き、退場となりました!

帰りは、映画ハン・ソロコラボ中のいきなりステーキで余韻に浸りながら乾杯!楽しい時間を過ごしました!

大変長くなりましたが、今回、ジャパンプレミアに当選したのも、スターウォーズ部での情報のおかげです。本当に数打って当たりました。

また、IGN Japan様にはこのような貴重な機会を頂き、この場をお借りして、両者に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

直後の試写会組が羨ましいなあと思いつつ、ヘッドをかぶりながら電車に揺られるCRAYGEEでした。

追記:各種メディアや個人のSNSに写真や動画などで映り込みましたが、1番嬉しかったのはこれです。

このためにヘッドを作成したと言っても過言ではないので、心から嬉しかったです(´ー`)

JOHNIE
努力は報われるんやね。
ジョニ子
かなり目立ってたね。

CRAYGEEさん香港に引き続き詳細レポートあざっしたぁあああ!!!過去記事お役に立てて光栄です!

▼色々と絶賛予約受付中

アート・オブ・ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド

スター・ウォーズ ラスト・ショット 上

スター・ウォーズ:ダース・モール(仮)

最速ウォーズも合わせてどうぞ

海外からのSW情報を最速でお伝えしようぜという『最速ウォーズ』も合わせてどうぞ。最速ウォーズの記事下にある

「サポートをする」ページからそれぞれのライターを支援したり応援メッセージを送ったりすることができます。よろしくどうぞ。

スターウォーズ部で使用しているSNS

Twitter

更新通知やアンケートをしたりするのに使っています。Twitter上に住んでいるスターウォーズ部の方はフォローしあったりしています。『#スターウォーズ部』というハッシュタグでツイートしてもらえれば見つけてくれるはず。

フェイスブック

更新通知で使用しています。

インスタグラム

スターウォーズ部員の思い出のワンショットを紹介したり、今後はスターウォーズ部屋特集、スターウォーズ女子特集、スターウォーズ旅行特集を掲載したり、スターウォーズなお店を掲載したり。

SNSでもジョニーと共にあらんことを。

軽くジョニ家の近況報告

・うちの子供は全員鳩がすごく苦手です。先日のディズニーでも食事をしているとおこぼれを食べるために群がってくるハトにめちゃくちゃ怯えていました。が、鳩怖い言いながらスモークチキンめっちゃ食っとったな。

・昨日めちゃくちゃ久しぶりにジョニ太郎が泣かずに幼稚園に行きました!出発前、「俺がまた泣きそうになったら”今日はプールだよ”って言って」と事前にジョニ子(お母さん)に頼むジョニ太郎。そんなジョニ太郎のプール大作戦が見事成功したようです!

【PR】クローン・ウォーズ・反乱者たちが見放題(9/21まで)

Huluでは月額933円(2週間無料)で、クローン・ウォーズ/ファーストシーズン、セカンドシーズン、サードシーズン、フォースシーズン、フィフスシーズン、ファイナルシーズン/ザ・ロスト・ミッション、スター・ウォーズ反乱者たちシーズン1〜3が只今 見放題となっています。(9月21日までのサービスです。) クローン・ウォーズ新シリーズへの予習としてどうぞ↓

スターウォーズ部で使用しているSNS

Twitter

フェイスブック

インスタグラム

SNSでもジョニーと共にあらんことを。

2 件のコメント

  •  今夜は満月の美しい夜中の都内を彷徨うことになるのかと思いましたが何とか帰ってくることが出来ました。

     ハン・ソロ、面白かったですよ! 海外じゃ不人気みたいですけど意外な展開がまっていて個人的には非常に面白かったです。 むしろ本編より面白味あった気さえします。 こうなったら明日の朝は有楽町へ3Dでも観に行かなくちゃ!! 限定パンフも買わなくちゃ行けませんしね!

     この記事も映画観るまで読んでいなかったのですが、今はもうこんな時間なのでまた明日帰ってきたらじっくり読まさせていただきます。
     まぁ皆様方は何も言わずとも観ると思われますが、お勧めです!!

  •  やっぱりレッドカーペット良いですね。 一生に一度くらいどれかの作品で行きたいと思うのですが、そう簡単には行けないでしょうからね。 良かったですね。

     役者や監督にも会えるしサインも貰えるし、ファンの夢ですね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ジョニーです。デップではなくリンゴの方です。妻(ジョニ子)の顔色を伺いながらスターウォーズについての記事をせっせと書いています。 専門は『スターウォーズの最新情報やリーク情報からの妄想』です。 お問い合わせはjohnieringo@outlook.jpからお願いします。